記事の詳細

今日もまるくが学んだ何かをシェアするお堅いストーリーをお送りしたい。

 

あなたは自分が望む仕事をしているのか考えたことはないだろうか?

あなたは自分が望む仕事をしているのか考えたことはないだろうか?

  • 好きなことを仕事にしてストレスから解放されたい
  • 様々な経験をしてもっと成長したい
  • 失業のリスクを減らしお金のことを心配せず暮らしたい


これらは、あなただけでなく多くの人が願う、人間が持つ当然の欲求だ。

私も同じようなことを望んだことがあった。

 

この願いをかなえるには、好きな仕事で起業する、

エキサイティングな仕事をする企業で働く、安定感のある大手企業に転職する。

といった方法はあるが、今の日本では現実的ではない。

 

現実的な方法としてマルチタグライフという職業観がある

 

従来、わたしたちは勤めている企業という1つの「タグ」から収入や成長機会を得ていたが、

それを複数(マルチ)持つという働き方がマルチタグライフである。

これは今後10年から20年先では当たり前の働き方となるだろう。

 

伊藤穰一MITメディアラボ所長が東洋経済新報社のインタビューで

これからの働き方のあり方について「牛に乗りながら、馬を探す」ということわざを引き合いに出し、

今の仕事(プランA)をしつつ本当にやりたいこと(プランB)の勉強をし、時期がきたらプランBに乗りかえる。

戻る場所(プランZ)を用意しておけばプランBが失敗したときにも対応できると述べていた。

 

このような働き方はマルチタグライフに通じている。

私は、この考えをさらに一歩進めて現実的に再構築し、

成功の可能性を極限まで高める、リスクのないスモールビジネスから始める方法を提案する。

 

ここであなたを取り囲む日本の現状を確認してみよう。

成熟社会から衰退へ向かう日本では構造的な要因による不景気が続いており、

企業は採用を抑制し、労働者の賃金を下げようと血眼になっている。

 

成果主義・能力主義導入という名目で、「年功序列・終身雇用」制度が保証していた

労働者の雇用と勤続年数に応じた賃金上昇を崩壊させたうえで、

企業は「年功序列・終身雇用」制度での暗黙の了解であった

労働者の滅私奉公のみを求めるようになった。

 

労働者は自分に合わない企業に勤めてしまっても、転職先が見つからないために

何年も自分に合わない仕事を強いられている人もいるのが現状だ。

不景気により労働者が転職できないことを企業は見透かしており、そこに付け込んで労働者に無理を強いる。

 

それが度を超え、ついにブラック企業なる存在も登場した。

 

死ぬまで安泰と言われた電力会社も天変地異で壊滅的な打撃を受けた。

日本が誇る製造業は低コストを武器にする海外メーカーとの競争に敗れ瀕死の状態だ。

 

わずか10年前には、企業は労働者を手厚く保護するものと思われていた。

電力会社に入れば高い給与がずっともらえると思われていた。

製造業はずっと世界のトップを走り続けると思われていた。

 

しかし現実はそうでなかった。

 

ある電力会社に勤める同級生は、今でも地域住民から罵声を浴びさせられているという。

ある大手製造業に勤めていた知人は、所属事業部ごと外資系企業に売られ、その翌年に大幅減収を受け入れた。

彼の同僚には解雇になった者もいるそうだ。

 

「ひとつの企業にしがみつく」という昭和の生き方を貫くのか

 

それでも、あなたは「ひとつの企業にしがみつく」という昭和の生き方を貫くのだろうか。

本当にそれでよいのだろうか。よく考えてほしい。

 

ここまで読んでくれたあなたは、意識的もしくは無意識に「昭和の生き方」では

自分が望む人生を送れないと気づき、そこから脱出する方法を探しているに違いない。

 

なぜなら、人間は脳の網様体賦活(もうようたいふかつ)系という場所で膨大な情報を取捨選択しており、

「自分の関心・興味」を優先して認識するようになっているからだ。

つまり「新しい職業観=マルチタグライフ」に関心や興味のある人はこの記事を見つけられるが

そうでない人は見つけることができない。

 

あなたがこの記事を見つけ、ここまで読み進めた事実は、

マルチタグライフが提案する新しい職業観に、あなたが強い関心を持っていると証明しているのだ。

 

副業規定も時間確保もクリアできる

 

もしかすると、あなたは疑問を抱くかもしれない。

マルチタグライフが提案する複数のタブ(収入と成長機会)を持つことが副業規定に抵触するのではないか。

また、マルチタグライフに費やす時間をどう捻出するのか。

そして、どうすれば複数のタブを持つことができるのか。

この3点は多くの人から質問されるので、ここで答えておく。

 

まず、副業規定への疑問について。

あなたがすべきことは、勤務先の就業規則に副業規定があるか確認することだ。

副業規定がなければ、この疑問は何の意味も持たない。

 

副業規定の多くはダブルワークの禁止である。

企業が懸念するのは企業の秘密が流出することや本業に支障をきたすことである。

本業に支障の出ない範囲で企業の秩序を乱さず、企業の秘密が外部に流出しないのであれば

憲法で保障される「職業選択の自由」が優先されると考えてよい。

 

つぎは、マルチタグライフに費やす時間をどう捻出するのかについて。

これは簡単だ。あなたが家に帰って毎日テレビをみるなら、それを毎日1時間短縮すればよい。

すると1週間に7時間確保できる。

 

毎朝15分だけ早起きするだけでも1週間に2時間弱を確保できる。

休日はもっと時間を確保できるだろう。

 

分刻みで予定のある大企業トップや政治家のような要人は無理かもしれないが、

せいぜい時間刻みの予定しかない一般的な人なら、工夫しだいで時間は確保できる。

 

どうすれば複数のタブを持てるのか

 

あなたには普通の人よりも詳しい分野がいくつかあるだろう。

学校で専門的に学んだこと、大好きな趣味など、親しみのある何かを活かすのが基本的なやり方だ。

 

あなたにとって当たり前の知識でも、他の人にとって目からうろこの落ちる情報となることも多い。

 

最も大切なのは、あなたが行動を起こすこと

 

ここからは、あなたが「何を」すべきか述べる。

マルチタグライフを実践するうえで最も大切なのは、あなたが行動を起こすことだ。

「マルチタグライフという考え方があるのか。いつかやってみよう」と思うのであれば、

あなたの人生は何も変わらないだろう。しっかりと心に刻んでほしい。

 

やることは以下の3つだ。

  • 最新のマーケティング手法を身につける
  • ビジネスモデルを構築する
  • 自動化を組み込んで利益を最大化する

 

まずは、マーケティング手法を身につけるについて。

商品の売り方は時代によって変遷する。

経済成長期には物質的な豊かさを目指す消費者が多く、高機能商品を開発すれば売れたが、

経済成熟期に到達すると高機能だけでは消費者は見向きもしない。

 

物質的に豊かな成熟期では、より高機能なものを手に入れたい欲求は失われ、

自分だけが感じられる、よりおもしろいもの、楽しいものを求めるようになる。

 

アップルや高級ファッションブランドの商品の売り方は良い例で、

このマーケティング手法を身につけることが成功への近道である。

 

つぎは、ビジネスモデルを構築するについて。

私の提案するマルチタグライフはスモールビジネスから始めるが、

ビジネスをするにあたりビジネスモデルは必須である。

 

ビジネスモデルの構築は「どのような仕組みで収益をあげるか」考えることだ。

「何を」「誰に」「どこで」「どのように」買ってもらうのか。

その組み合わせによって収益は大きく変わる。

 

さいごは、自動化を組み込んで利益を最大化することについて。

最新のマーケティング手法を身につけ、適切なビジネスモデルを構築したなら

あなたのスモールビジネスは順調に成長し、あなただけではビジネスを回せないほどの仕事を請け負うようになる。

 

自動化を組み込み利益を最大化する。独立はまだ先

 

多くの場合、ここで独立したり、仕事のペースを落としたりするものだが、

自分ひとりで回せない程度の仕事量で独立するのは失敗のリスクが高い。

また、仕事のペースを落とすのは、せっかくのチャンスを逃すことになる。

 

ここで出てくるのが自動化を組み込んだ利益の最大化である。

 

自動化を組み込むことで、人を雇用しなければできなかった仕事をひとりでできるようになり

安定した収入を生み出す本業を確保した状態で、

あなたのスモールビジネスを本業の数倍の利益を生み出すビジネスに成長させることができる。

これは起業を前提に書かれている多くのビジネス書で触れられていない要素である。

 

このようにスモールビジネスから始めるマルチタグライフを実践すれば、

リスクなく多くのお金を生み出すことができ、アーリーリタイアも夢ではないだろう。

 

元々余暇を使って片手間でやっていたビジネスなのだから、

本業をアーリーリタイアすれば、時間のほとんどをあなたは自由に使える。

スモールビジネスを本業にすれば、さらに多くの利益を生み出すビジネスになるだろう。

 

これは、社会が労働者から搾取し続けるという「昭和の生き方」から

あなたが脱出できる数少ないチャンスである。

 

私にはあなたを支援する準備がある

 

ここまで読んで、あなたはマルチタグライフは簡単にはできないと思うかもしれない。

たしかにビジネスは簡単に成功できるものではないが、

あなたがチャレンジしようと決意するなら、わたしにはあなたの決意を全力で支援する用意がある。

スモールビジネスを成功に導く方法を現在作成中のメール講座であなたに伝授する。

私の実践していることのすべてが詰まっており、あなたが真剣に学び、真剣に実践すれば

私のようにマルチタグライフを実現でき、あなたが望む人生にたどりつけるだろう。

 

あなたがやるべきことは、いますぐ無料メール講座の受講申込みをすることだ。

 

無料メール講座で真剣に学び、学んだことを真剣に実践するなら

あなたの人生は大きく変わるはずだ。

 

さいごに、アインシュタインの言葉を紹介しよう。

狂気。それは、同じ事を繰り返し行い、違う結果を予期すること

出典:10 Amazing Life Lessons You Can Learn

同じことをしている限り何も変わらない。

違う結果を求めるならば今までと違うことをしなければならないということだ。

 

あなたの人生を変えられるのは、あなただけだ。

もし、あなたが自分の人生を変えたいと決意するなら、わたしは様々な形であなたを支援する用意がある。

あなたが勇気を出して一歩踏み出し、マルチタグライフを実現するわたしとその仲間たちの一員となることを心から願っている。

この記事を書いた人

まるく
まるく投資家/野球選手/サラリーマン/愛妻家/お人よし
「楽しく幸せに生きることを職業とするライフスタイル」を実現する道を、たぶん進んでいる最中。
野球・恋愛などをネタにやりたい放題記事を書いています。
妻と一緒に妊活をがんばっていて、体外受精までやって、念願の妊娠までたどりつきました。
好物は野菜オンリーの愛妻弁当。普段はサラリーマンしています。
■著書■
【くまるく大学恋愛学部 ~女にモテる学科~】カドカワ・ミニッツブック
https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B01IURT61I

■メディア掲載実績■
月刊ネットマネー(新進気鋭のトレーダーとして紹介)
週刊SPA!(7ヶ月間記事連載)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る