記事の詳細

はじめに

どうも、まるくです。

先日、我が家でアラサー女子会が催されました。

過去、我が家は何度も女子会の会場になっており、

僕は料理を出して食器を洗って、たまに恋愛相談に乗ってと大忙しなのですが、

女性の恋愛話はすごいですね。ここまでシェアするか?と思うほどです。

 

今回はアラサー女子会ではなく、

先日、友人女性と僕と友人男性で食事に行ったときの話です。

 

デブとぽっちゃりの境界線とは

Twitter上でしばらく前に議論になった話題 ですね。

デブとぽっちゃりの境界線について、男女の見解が大きく異なるというのが話題になりました。

 

 

友人たちに聞く限りでは、だいたいこの通りのようです。

 

3人で食事に行ったとき、デブとぽっちゃりの違いが話題にのぼりました。

友人女性は標準体型の範疇だと僕は思うのですが、彼女自身は少し気にしている様子。

 

二人の男性の回答は一致しなかった

彼女が尋ねるので僕はこう答えました。

ぽっちゃりは、自分の体型を気にしていたとしても、

気にしていないように明るく振舞えてオシャレ心を持っている人。

自分の体型に卑屈になって、明るさとオシャレ心を失ったらデブになると思う。

彼女が気にしているように感じたので、僕は配慮した言い方をしました。

「体型ではなく心持ちに、ぽっちゃりとデブの境界線がある」と言うことで、

体型以外の要素にフォーカスさせ、彼女の質問に「正直」に答えず、安心させることを選びました。

 

一方で、男性友人はこう答えました。

ぽっちゃりは、少し前の深田恭子や磯山さやかかな。柳原可奈子と渡辺直美はデブだ。

裏表のない彼らしい「正直」さです。

しかし、彼の答えを聞いて、彼女のテンションが明らかに下がりました。

気分を害したようです。

 

正直は時に人を傷つける

食事後、解散したあとの帰り道。僕と女性友人は同じ方向に帰るので一緒に歩いていました。

そこでのやりとり。

女:あの人、人に対する配慮がないよね。なんかヘコんだ

僕:彼は思っていることを正直に言っただけだと思うけど、それがダメなの?

女:うん。私はデブに入るのかなって薄々気づいていたけど。ああ言われるとキツかった

僕:僕はキミがデブだと思わないし、彼はキミがデブとは言っていない。気にしすぎ

女:あなたみたいな人を誠実な人って言うのだろうね。相手への思いやりがある。

彼は正直な人だと思う。良くも悪くもウソを言わないから、時に人を傷つける。

 

正直な人は、良くも悪くもウソをつかない。だから時に人を傷つける。

この言葉は強烈に心に残りました。言う通りかもしれない。

 

誠実と正直の違いは「真心」の有無

家に帰って「誠実」と「正直」の意味を辞書で調べました。

すると、だいたい同じなのですが少しだけ違うところがあります。

【誠実】

偽りがなく,まじめなこと。真心が感じられるさま。

出典:大辞林

【正直】

うそやごまかしのないこと。うらおもてのないこと。

出典:大辞林

 

両者とも、ウソや偽りがないという意味では同じですが、

「誠実」は他者への接し方(スタンス)を表す言葉で

「正直」はその人の性質を表す言葉のように思えます。

 

「誠実」にあって「正直」にないのは「真心」というフレーズです。

調べてみると、こうでした。

【真心】

他人のために尽くそうという純粋な気持ち。偽りや飾りのない心。誠意。 

出典:大辞林

色々教えてくれてありがとう!サンキュー大辞林!

 

不都合な真実を率直に述べるより、思いやりのあるウソをつくことも大事

人間、誰しも不都合な真実があるものです。

人間はいつでも強い存在ではなく、時には弱気になり、現実から逃げ出したくなることがあります。

それに向かい合う勇気を持てない人に、正直に真実を突きつけるよりも

一時的に真実から目をそらす手助けをしてあげることも時には必要です。

 

「誠実」の意味にある「真心」という言葉は、

「純粋な気持ちで他者のためになることをやろう」という精神状態を表しています。

 

僕が友人女性に言った「本当ではないデブとぽっちゃりの境界線」は

現実から目をそらしたいと願う「彼女のため」にやったことなのは確かです。

直感的に「今、現実を突きつけたら彼女は向かい合えない」と感じたからかもしれません。

 

彼女は、いずれ不都合な真実と向き合わなければならなくなるでしょう。

そのとき、僕は彼女に厳しい現実を突きつけるかもしれませんし、甘やかすかもしれません。

 

大切なことは、その人の人生をより良くするために自分は何ができるかを考え、実行することです。

あなたは大切な人にどのように接していますか?

 

追記

これが「モテの秘訣」カテゴリーなのか不明ですし、タイトルと記事の結論がつながっていないし(笑

そんな感じですけど、「誠実」こそモテる秘訣だろうと思い書きました。

小手先のテクニックより、優れた人間性の方が人を惹きつけるはずです。

恋愛学部のノウハウが本になりました

(7/28追記)
くまるく大学恋愛学部のノウハウが電子書籍になりました。KADOKAWAより発売されています。

一番人気の記事「通勤・通学電車が一緒の気になる異性と仲良くなるきっかけを作る方法」を読みやすく

加筆修正しているだけでなく、「恋愛関係になるためのおさえておく3つのこと」や「出会ってから付き合うまでの関門と攻略法」

といった、ブログでは公開していない話も掲載されています。

その中で「あなたが○○だと女性に認識させる」や「告白するのは××な状態になってから」といった

プレイボーイたちが無意識にやっていることも紹介していますので、ぜひご一読ください。

この記事を書いた人

まるく
まるく投資家/野球選手/サラリーマン/愛妻家/お人よし
「楽しく幸せに生きることを職業とするライフスタイル」を実現する道を、たぶん進んでいる最中。
野球・恋愛などをネタにやりたい放題記事を書いています。
妻と一緒に妊活をがんばっていて、体外受精までやって、念願の妊娠までたどりつきました。
好物は野菜オンリーの愛妻弁当。普段はサラリーマンしています。
■著書■
【くまるく大学恋愛学部 ~女にモテる学科~】カドカワ・ミニッツブック
https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B01IURT61I

■メディア掲載実績■
月刊ネットマネー(新進気鋭のトレーダーとして紹介)
週刊SPA!(7ヶ月間記事連載)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る