記事の詳細

はじめに

どうも。突然ひらめいて、つぶやきアスリートを名乗ります。まるくです。

前回、3つの具体例を挙げてTwitterで人気者になってやろうというお話でした。

やってみたらRTされました!なんて声もちらほら聞こえましたが、僕のツイートはRTされていないようです。

 

Twitterは共感のSNS。人気者になるには「おもしろい」、「うれしい」、「かなしい」など

自分の気持ちに共感してもらうことが大切。

そのためには単なるつぶやきを、より説得力があって、より情感があって、より親近感のある表現にすること。

難しい言葉を使うことはないけれども、意識して工夫すると明らかに変わるものです。

 

「つまり」を使って言い換えてみたり、例示してみたりする

今回は「つまり」を使ってメッセージをわかりやすくする工夫に取り組みます。

「つまり」は前の文脈を言い換えたり、例示するときに使う言葉です。

 

若者は学校や職場にいるのもあって、平日の昼間の電車ってお年寄りばかりだね。

 

平日昼間に電車に乗ったときの感想。平凡です。

「つまり」を使ってパワーアップさせると。

 

 

「つまり」で接続することで

「お年寄りは電車で移動している」けど「若者は職場や学校などで移動していない」と

お年寄りと若者の行動の違いが浮かび上がりました。

 

前回の3つの具体例を挙げるも織り交ぜて若者がいる場所に幅を持たせてあります。

 

次はカッコ悪いつぶやき。

やべ、電車ですかしっ屁しちゃった。真後ろに座っているオジサン大丈夫かな。

 

迷惑な人ですね。

これも「つまり」を使うといい感じになります。

 

 

内容が「いい感じ」から程遠いので微妙な感じは否めません。

とはいえ、だいぶ詩的になりました。

 

ネットで見たニュースへの感想。

医者に減量しなさいと言われた人の多くはダイエットに成功するらしい。命がヤバイと言われたら本気になるよね。

 

命と引き換えに「グルメ王に、オレはなる!」とか言えないですね。食の大海原を冒険しすぎです。

メッセージの焦点が「医者に宣告されるとダイエットに成功する」なのか

「命がヤバイと言われたら本気になる」のかぼやけています。

 

 

「つまり」を使うと、だいぶいい感じになりました。

メッセージのフォーカスが「代償が大きいと実感したときに本気で行動する」であるとハッキリしたと思います。

 

読み手にメッセージをどう伝えるかを工夫する

「つまり」を使うことで、メッセージを言い換えたり、例示したりでき、

読み手に伝わりやすくなります。

 

人に何かを伝えるうえで、相手を意識して表現を工夫することは重要なことです。

単なるひとりごとでしかなかったつぶやきが

「つまり」を使って伝わりやすくすることで、読み手を意識したものに変化しました。

これを身につければ国語力向上間違いなしでしょう。

 

これでTwitterで人気者間違いなし。

おもしろいと思ったら(おもわなくても)SNSで拡散してくださいね。

プリーズ!リツイート。ではまた。

 

この記事を書いた人

まるく
まるく投資家/野球選手/サラリーマン/愛妻家/お人よし
「楽しく幸せに生きることを職業とするライフスタイル」を実現する道を、たぶん進んでいる最中。
野球・恋愛などをネタにやりたい放題記事を書いています。
妻と一緒に妊活をがんばっていて、体外受精までやって、念願の妊娠までたどりつきました。
好物は野菜オンリーの愛妻弁当。普段はサラリーマンしています。
■著書■
【くまるく大学恋愛学部 ~女にモテる学科~】カドカワ・ミニッツブック
https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B01IURT61I

■メディア掲載実績■
月刊ネットマネー(新進気鋭のトレーダーとして紹介)
週刊SPA!(7ヶ月間記事連載)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る