記事の詳細

野球で使われる言葉は概念的だ。

腕を思いっきり振れ、胸を張って投げろ、腰を回せなど。

 

野球理論を突き詰めていくと、これらは概念(イメージ)であって

物理的に動かすものではないとわかる。

 

今回は「腰を回せ」について解説したい。

野球のバッティング指導で最も使われる言葉であり、最も大切な概念のひとつだ。

 

腰を回せと指導されたらあなたはどうするだろうか?

がんばって腰を回そうとするはずだが、どう回せばよいかわからないかもしれない。

 

それはそうだ。腰の関節はほとんど動かないもので、たとえ限界まで回せたとしても

指導者は「よし!腰を回せているぞ!」とは言ってくれない。

 

なぜなら、物理的に腰を回すのと野球の概念における「腰を回す」は違うものだからだ。

「腰を回す」というのは体の旋回運動を指すのだが、大きく動くのは腰ではなく骨盤だ。

 

「腰を回す」よりも「骨盤の前側をピッチャーに見せる」という表現の方が動かし方のイメージとして捉えやすいだろう。

「骨盤の前側をピッチャーに見せる」には「キャッチャー側の股関節をピッチャー側の股関節にぶつけるイメージ」でバットを振る必要がある。

 

さらに「キャッチャー側の足のヒザをピッチャー側の足のヒザの裏にぶつけるイメージ」と

「キャッチャー側の足の裏の内側で地面を蹴るイメージ」も大切だ。

 

 

今紹介した3つの動作イメージを足首から順番に動作として実行すると

下半身の力をバットに伝えられるスイングになる。

  • キャッチャー側の足の裏の内側で地面を蹴るイメージ
  • キャッチャー側の足のヒザをピッチャー側の足のヒザの裏にぶつけるイメージ
  • キャッチャー側の股関節をピッチャー側の股関節にぶつけるイメージ

 

しかし、これだけでは不十分だ。

この動作イメージを実現させるためには、バットを振る直前の骨盤をある位置にセットしなければならない。

「スクワットと同じ角度」がコツなのだが、そのイメージを解説する動画があったので紹介する。

わかりやすく説明しているので得るものがあるはずだ。

 

【LAS理論】バッティングフォーム・骨盤の向きと背骨のトルク

この記事を書いた人

まるく
まるく投資家/野球選手/サラリーマン/愛妻家/お人よし
「楽しく幸せに生きることを職業とするライフスタイル」を実現する道を、たぶん進んでいる最中。
野球・恋愛などをネタにやりたい放題記事を書いています。
妻と一緒に妊活をがんばっていて、体外受精までやって、念願の妊娠までたどりつきました。
好物は野菜オンリーの愛妻弁当。普段はサラリーマンしています。
■著書■
【くまるく大学恋愛学部 ~女にモテる学科~】カドカワ・ミニッツブック
https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B01IURT61I

■メディア掲載実績■
月刊ネットマネー(新進気鋭のトレーダーとして紹介)
週刊SPA!(7ヶ月間記事連載)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る